川口美術

2019.01.18 update


今後の催事予定

2019年

■笹山芳人 茶碗展  1月23日(水)〜1月27日(日) 
■タナカシゲオ 陶展  2月6日(水)〜2月11日(月・祝)
■菊池克 陶展  3月20日(水)〜3月24日(日) 
■高木剛 陶展  4月3日(水)〜4月7日(日)
■全日根展  5月22日(水)〜5月26日(日)
■田中孝明・早苗展  6月12日(水)〜6月16日(日)


開業25周年記念催事 笹山 芳人 茶碗展
開業25周年記念催事 笹山 芳人 茶垸 展

   手にした土から発想して、焼き物を作る人です。何に向く土か?焼締か粉引か茶垸になるか、花生かなど…土と云う自然の声を聞くからこそ、それぞれに味わい深い器となるのだと思います。
   川喜多半泥子の茶垸に憧れ陶の道にはいった人です。万とも言われるその人の茶垸を目指すと云う事は、万の形でなく、その底に流れる作陶に向きあう心だと思います。
   半泥子に縁ある方の息女から、半泥子の茶垸を贈られた話を聞いた時は驚きました。彼の一貫した心をずっと見つめて下さっていたのだろうな…と思い、変わらぬ心が人の心を動かし茶垸を引き寄せてしまったのだと感動しました。ご来店をお待ちします。
   彼に託された半泥子茶垸を柱に、1月25日(金)三井別邸茶室で茶会を催します。会名は“分身茶会”、亭主は岩井敏子様。お電話にてご希望を承ります。

2019年1月23日(水)〜27日(日)
11:00am〜6:00pm 会期中無休

撮影/田中幹人


開業25周年記念催事 笹山 芳人 茶碗展
開業25周年記念催事 タナカ シゲオ 陶展

   タナカ氏は粉引を良くします。 粉引に向く土が見つかればそれに取り組みます。彼の粉引汲出を10年以上も当店で使っているのですが、味良く育ち人気があります。
   ところが主に天然土を仕訳して使っている為、10年前にあったと同様の土がなかなか手に入らぬのだそうで、今回はどうかな?と、 その登場を心待ちしているのです。
   今年は茶盌に力がはいっています。青井戸、黒釉、無地刷毛目などの茶盌が並びます。サビた景色の茶盌が目につきます。
    彼の焼物は総じてサビています。焼種に、土器やオンギが多くなるのも、彼が純粋な心で、ものの奥深さを求めている結果なのだと思います。是非味わって頂ます様お願いします。
   そんななかにあって、新工夫の翡翠白瓷や茜象嵌の食器や花器が展覧会を彩り、盛上げてくれます。お越しをお待ちします。

2019年2月6日(水)〜11日(月・祝)
11:00am〜6:00pm 会期中無休

写真/無地刷毛目茶盌W12.8×H7.6cm
撮影/田中幹人

過去の催し


ブログをアップいたしました。
こちらからご覧頂けます。


川口美術では、朝鮮家具をはじめとして韓国の骨董を専門に扱っています。
特に高質で個性のあるパンダヂを豊富に展示しています。 また、陶磁器、ポジャギ・チョガッポ、木ノモノ、石ノモノもあり、文字図・冊架図など民画もございます。
陶磁器は花器として使える物を中心に、新羅土器をはじめ韓国の古い焼き物を集めています。中心価格帯は家具、陶磁器とも10万〜60万円くらい、ほとんどの商品に定価が表示してあり、安心してお買い物して頂けます。
また、韓国骨董に惹かれ、ものづくりをする現代陶人・工人の個展も定期的に開催しています。
皆様のお越しをお待ちしております。


地図。ちょっと小さくてすみません。

京阪電車、叡山電車、市バス、京都バスの出町柳駅から徒歩3分程です。

京阪電車の叡山電車側出口から出て河合橋を渡り、すぐ右の道(下鴨東通)を入り右側4軒目です。


※お支払いには各種クレジットカードをご利用頂けます。
2014年4月1日より、店内表示価格の8%の消費税がかかります。


骨董&ギャラリー 川口美術

京都市左京区下鴨宮河町62-23
Phone: 075-781-3511   Fax: 075-781-2255   営業時間: 11:00〜18:00(月・火曜定休)