川口美術

2020.4.9 update


今後の催事予定
※2019年4月1日より、営業時間を12:30〜17:30に変更しました。

2020年
■【中止】菊池克 陶展       4月15(水)〜19日(日)
■【中止】第一回さつき陶人展    5月1日(金)〜5月6日(水)※会期前後日は臨時休日
■【中止】木工 水野悠祐展       5月27日(水)〜5月31日(日)
■【中止】光藤佐 陶展           6月10日(水)〜6月14日(日)


お客様皆々様へ
今後の営業について

   新型コロナウイルスの感染拡大のニュースを見て、日夜考えておりました。それぞれの企画に経緯があり、思入れや作り手との積み上げもあり、迷ってました。
   京都府知事、京都市長から首都圏や阪神圏との往来自粛と外出自粛要請の声明が4月2日に出されました。
   山中伸弥教授のコロナ問題は大きな危険を孕んだ重大な問題であり、各人が主体的にコロナ対策をすることが大切だとの御説を聞き決心しました。
   4月「菊池 克 陶迦葉展」、5月「第一回 さつき陶人展」「木工 水野悠祐展」の催事を含め当面、催事企画は中止させていただきます。お客様、作り手の方々、残念ですがご了承下さい。
   恐縮ですが今後、川口美術は予約営業とさせて頂き、当分の間ご来店時はマスク着用をお願させて頂きます。
   私自身、コロナに罹らぬよう又うつさぬよう努めます。長期化が予想されております。無理せず平常心で乗り越えて参りたいと思います。
   またお会い出来る日が近いことをお祈りします。

※各展のDM写真の作品をお預かり致して居ります。
 ご希望の方は、お申し出下さい。

川口 美術
川口 慈郎


舎廊房隅
舎 廊 房 隅(サランバングウ)ご案内

   昨年1月から個展やグループ展のギャラリー営業を、外から入りやすい1階に移し、2階は韓国骨董専門用エリアに致しました。
   2階の展示法につき、個別商品の展示に加え面の展示が出来る様、2階奥に三畳間の様なスペースを造り、9月後半から舎廊房風の展示を試みてまいりました。
   開店記念日11月1日を期し、その場所を「舎廊房隅」と名付け、書斎用品や文房具を中心に展示して参りたいと思います。。
   とは申せ、限られた店内に設けたスペースなので、三畳間程度のスペースに向いた小振りの催事を種々工夫してみたいと思って居ります。
   京都の秋も日々深まって参ります。こちらにお出掛けの折には、お立寄り頂き、ご覧いただきます様ご案内申し上げます。

川口 慈郎

過去の催し


ブログをアップいたしました。
こちらからご覧頂けます。


川口美術では、朝鮮家具をはじめとして韓国の骨董を専門に扱っています。
特に高質で個性のあるパンダヂを豊富に展示しています。 また、陶磁器、ポジャギ・チョガッポ、木ノモノ、石ノモノもあり、文字図・冊架図など民画もございます。
陶磁器は花器として使える物を中心に、新羅土器をはじめ韓国の古い焼き物を集めています。中心価格帯は家具、陶磁器とも10万〜60万円くらい、ほとんどの商品に定価が表示してあり、安心してお買い物して頂けます。
また、韓国骨董に惹かれ、ものづくりをする現代陶人・工人の個展も定期的に開催しています。
皆様のお越しをお待ちしております。


地図。ちょっと小さくてすみません。

京阪電車、叡山電車、市バス、京都バスの出町柳駅から徒歩3分程です。

京阪電車の叡山電車側出口から出て河合橋を渡り、すぐ右の道(下鴨東通)を入り右側4軒目です。


※2019年10月1日より、店内表示価格の10%の消費税がかかります。
お支払いには各種クレジットカードをご利用頂けます。


骨董&ギャラリー 川口美術

京都市左京区下鴨宮河町62-23
Phone: 075-781-3511   Fax: 075-781-2255   営業時間: 12:30〜17:30(月・火曜定休)